フィンランドアートの最盛期をイメージしたフラワーフォカッチャ

東京は2021年早くもまた自粛モードに入ってしまい、昨年ほどではないと言っても夜20時以降は外出しないでくださいというのは飲み歩きしなくても生活に支障が出てしまうレベルのではないかと思います。

そんな中、またパン作りを初めてみてはいかがでしょうか?昨年の春には小麦粉やドライイーストの売り切り状態が世界中で続いていたほどみんながベーキングに夢中になりましたが、それ以降は作っていますか?

去年のロックダウン中にフィンランドで大人気になったのは「フラワーフォカッチャ(kukkafoccacia)」です。お花のフォカッチャやフォカッチャガーデンとも呼ばれますが、アイディアはシンプルです。色々な野菜やハーブ、種やナッツなどを使ってフォカッチャの上に花畑を描きます。アーティスティックになってもよし、パンの表面を白いカンバスのように使うのはポイントです。

やっと私もこの流行りに乗ることにして、大好きなフィンランドアートの最盛期のマスターとも言われるアクセリ・ガッレン=カッレラとヒューゴ・シンベリの作品にインスピレーションをいただき、象徴主義風に作ってみましたが、もちろんお好きなように描いても全然良いです!

フラワーフォカッチャ(12カット)

強力粉 300g
水 200ml
オリーブオイル 大さじ3
ドライイースト 3g
塩 ひとつまみ

<トッピング>
エキストラヴァージンオリーブオイル 大さじ1
ミニトマト 4個
ピーマン 2個
黄色いパプリカ 1/4個
紫玉ねぎ 1輪切り
パセリ 3茎
ブラックオリーブ 1粒
亜麻仁シード 適量
岩塩 適量

(下準備)
ミニトマトは縦半分に切る。ピーマンは種を取り除き、1個は薄切りにし、もう1個は短冊切りにする。パプリカは種を取り除き、薄切りにする。紫玉ねぎは皮をむき、輪切りにする。ブラックオリーブは輪切りにする。オーブンは220℃に予熱する。

1)耐熱ボウルに水を入れ、電子レンジ(500W)で30秒を42℃になるまでに温め、ドライイーストを加えて混ぜ、オリーブオイルと塩も入れて強力粉を2、3回に分けて粉っぽさがなくなるまでに捏ね、台に移動してくっつかなくなるまでに伸ばし捏ねをして、ラップを引いて40℃で30分一次発酵させる。
2)①をクッキングシートに乗せ、綿棒を伸ばしてクッキングシートを引いたオーブン皿に乗せ、形を整えてからオリーブオイル大さじ1を垂らして40℃30分二次発酵させる。
3)②の上にミニトマト、ピーマン、パプリカ、紫玉ねぎ、オリーブとパセリでお好みの花を描き、亜麻仁シードと岩塩をまぶして220℃のオーブンで20分焼く。

***

Most people must have been saying this week that this wasn’t the expected start for 2021 – or maybe it was, given the circumstances in the previous year. Japan declared a state of emergency for Tokyo and people are asked not to go out past 8pm – a time when many just finish work and have time to eat the only meal of the busy day…

All this means people are likely to spend more time at home, and what is better way to do that than bake something delicious! This time around there should still be plenty of flour and yeast in the supermarkets, compared to last spring when everything was sold out as everyone started to bake suddenly.

Last year flower focaccia, or focaccia garden, was as hit in Finland too, many decorating their own version of the colourful flowerbed. It’s fun & it’s easy, can be done with children and enjoyed together – what more can you ask from a bread.

I drew inspiration for my version from the Golden Age of Finnish art, mainly from my favourites Akseli Gallen-Kallela and Hugo Simberg and their symbolistic era. Simple lines and earthy colors of that time fit in focaccia art perfectly, but you are welcome to do your own adaptation and interpretation of it!

Flower Focaccia (makes 12 cuts)

300g Bread Flour
200ml Water
3 tbs Olive Oil
3g Dry Yeast
A hint of Salt

<Toppings>
1 tbs Extra Virgin Olive Oil
4 Cherry Tomatoes
2 Green Bell Peppers
1/4 Yellow Bell Pepper
1 cut of Red Onion
3 Parsley stems
1 Black Olive
1/2 tsp Finger Salt
Some Flax Seed

1) Put water into a heat resistant bowl and warm in a microwave until 42°C (500W for 30 seconds). Add yeast and mix well, then add also olive oil and salt and mix. Add flour in 2-3 parts and mix until even. Take out of bowl and knead on table until stops sticking to the table and hands. Put back into bowl, cover with cling film and let leaven in 40°C for 30 minutes.
2) Cut cherry tomatoes into halves. Take out seed from bell peppers, and cut one green into 4 cm x 1 cm chunks and one very thinly. Cut also yellow bell pepper thinly. Dismantle red onion into two rings. Wash parsley and pat dry. Cut black olive into slices.
3) Put ① over a cooking sheet and roll into 30cm x 25 cm size. Move to an oven pad and shape nicely. Pour 1 tbs of olive oil onto it, cover with cling film and let proof in 40°C for 40 minutes.
4) Take off the cling film and use ② to create flowers of your liking on the dough. Push veggies gently into the dough as they will pop out a bit when baking. Finalize with some finger salt and flax seed, and bake in 220°C oven for 20 minutes.


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中