ラスキアイスプッラドッグ

今回のタイトルを見ると「へっ?」と思う人も多いでしょうので、説明します。明日はフィンランドで「ラスキアイネン」と呼ばれる春祭りで、「ラスキアイスプッラ」=セムラはこの季節の伝統的なお菓子です。

しかし、丸くて食べにくいところもあるため、なんとかならないかと思い、日本のミルクフランスを思い出しました・・・!というわけで、実はこれはセムラ✕ミルクフランスというコラボ菓子です(笑)

ただ、「セムラフランス」などは意味不明なので、名前だけはホットドッグから借りました。なので、フィンランド語では「ラスキアイスプッラドッグ」になり、日本人に馴染みのあるセムラを使ったら「セムラドッグ」になりますね。

作り方は定番のセムラと変わらず、味も安心の定番味。フィンランド式なので、中身はいちごジャムですが、挑戦したい方はマジパンに変えてもよし、甘党の方はどちらに入れてもよし(笑)さらに味の変化を求める場合にはジャムの代わりにキャラメルソースを使ったり、クリームのチョコ風味にしたりするもできます。

が、私はやはりこの懐かしい味の定番が好きです♪

meirami_laskiaispullahodari_main3

セムラドッグ(10本)

牛乳 250ml

A 強力粉 200g
A 薄力粉 50g
A グラニュー糖 50g
A 卵 1/2個
Aドライイースト 小さじ2(6g)
A 粗挽きカルダモン 小さじ1

B 強力粉 100g
B 薄力粉 50g
B 塩 小さじ1/4

無塩バター 50g

<仕上げに>
卵 1/2個

<フィリング>
生クリーム 100ml
ギリシャヨーグルト 50g
バニラシュガー 小さじ1/2

いちごジャム 75g

<トッピング>
粉糖 適量

(下準備)
卵を溶いておく。ボウルAの強力粉と薄力粉を混ぜ、上にグラニュー糖、その隣にドライイーストとカルダモンを乗せ、手前の粉を避けて溶いた卵を入れる。Bは別ボウルで混ぜ合わせる。バターは常温に戻す。

1)牛乳を42°Cに温め、Aのボウルにイースト目当てに一気に注ぎ、木ベラでぐるぐるしっかりと混ぜ、Bを2、3回に分けて加え、粉っぽさがなくなるまでに混ぜる。
2)①にバターを加え、手でざっくり捏ね、台に移動し、生地が手や台にくっつかなくなるまでに伸ばし捏ねする(約20分)。丸めた生地を指に押すときにすぐに形が戻るのは完了のサイン。丸めた生地をボウルに戻し、ラップを敷き、40°Cで40分一次発酵させる。
3)生地を軽く手で押し、ガス抜きをし、半分に分け、10分ベンチタイムをさせ、各半分を5等分にし、丸めて綿棒で長方形に伸ばし、3折りにしてまた長方形に伸ばし、これを後2回繰り返し、最後は折り目をしっかり閉じて下にし、形を整えてクッキングシートを引いた鉄板に並び、ラップを敷き、40°Cで10分2次発酵をさせる。
4)③を溶き卵で塗り、220°Cに予熱したオーブンで12分焼き、粗熱をとる。
5)生クリームを泡立て、ギリシャヨーグルトとバニラシュガーを加え混ぜ合わせる。④の真ん中に切り込みを入れ、中にいちごジャムを絞り、その上にクリームを絞って、粉糖をまぶし、コーヒーや紅茶と一緒にいただく。

meirami_laskiaispullahodari_main2

Tomorrow is Shrove Sunday, followed by Shrove Tuesday next week, also known as Pancake Tuesday in some countries. In Finland the festival is celebrated by eating sweet cardamon spiced bread filled with strawberry jam and whipped cream, called laskiaispulla (or semla in Swedish).

Generally these are round buns with plenty of filling, making it hard to eat them neatly – you could compare it to trying to eat a big burger with lost of fillings and sauce – you are most likely to have some sauce on your fingers and maybe even your shirt!

Thus I was thinking a way to make them easier to eat, and came up with idea to cross laskiaispulla with Japanese ‘milk france’ or a viennoise filled with butter cream – the shape and way to fill are from the Japanese-French model, but the taste is 100% laskiaispulla/semla.

Now what to call this clever new bun…? ‘Semla France’ wouldn’t make sense to anyone, so borrowed the naming from good ol’ ‘hotdog’ – pleased to introduce you the ‘Semla Dog’ (or ‘laskiaispullahodari‘ in Finnish)!

meirami_laskiaispullahodari_main1

‘Semla Dogs’ (makes 10 dogs)

250 ml Milk

A) 200 g Bread Flour
A) 50 g Cake Flour
A) 50 g Granulated Sugar
A) 1/2 Egg
A) 2 tsp (6 g) Dry Yeast
A) 1 tsp coarsely ground Cardamom

B) 100 g Bread Flour
B) 50 g Cake Flour
B) 1/4 tsp Salt

50 g Non-Salted Butter

<For glazing>
1/2 Egg

<Filling>
100 ml Heavy Cream
50 g Greek Yoghurt
1 tsp Vanilla Sugar

75 g Strawberry Jam

<For decoration>
Powdered Sugar

1) Beat egg. Mix bread flour and cake flour of A) in a bowl. Put sugar, yeast and cardamom on the flour, make a notch for the egg on the other side of the bowl, and add egg. Mix B) in separate bowl. Bring butter to room temperature.
2) Warm milk to 42°C and pour into the bowl A), targeting the yeast. Mix in circles until starts to develop viscosity, and add B) in 2 to 3 portions. Mix well, add butter and knead by hand until butter chunks disappear. Move to table and knead by stretching the dough outwards until it won’t stick to the table anymore. When pushing a ball of dough, it should return to its original shape immediately – this sign tells that the dough is ready. Make dough a ball, put back in bowl, cover with cling film and leaven in 40°C for 40 minutes.
3) Push dough gently with your hand to remove excess gas, cut in half and let rest for 10 minutes. Then cut each into 5 pieces, round them and roll into rectangles with a rolling pin. Bring each edges to the middle, like wrapping a packet, and roll again into a rectangle. Repeat this twice, but the last time don’t roll the dough anymore, but close the seam well and turn into bottom side of the bun. Finalize the shape, place on oven sheet, cover and let leaven in 40°C for 10 minutes.
4) Brush with beaten egg and bake in 220°C oven for 12 minutes. Let cool down.
5) Whip the cream, add Greek yoghurt and vanilla sugar and mix well. Make a cut in the middle of ④, pipe a string of jam in the bottom of the cut, pipe cream over it and sprinkle with powdered sugar.

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中