サーモンの「ピュッティパンヌ」

シルバーウイークのど真ん中ぐらいになってきていますが、皆さんはどう過ごしていますでしょうか。こちらは相変わらず自宅でゆっくり。。先週親知らずを抜いてきたのも関係しますが(笑)

そんな背景もあって、今回は体調回復を目指して、栄養たっぷりかつ簡単な料理にしてみましたー北欧の定番、「ピュッティパンヌ」の魚版にしてみました。魚はもちろん大好物のサーモンに(笑)

ピュッティパンヌというのは、炒めたじゃがいもがベースになっている「冷蔵庫にあるものの組み合わせなんてもOK」という料理で、今回は長ねぎといんげんも入れてみました。ソーセージの代わりにサーモンを入れ、レモン汁で味付けし少し生クリームを加えて濃厚な味わいにしてみました。こ、これはお箸が止まりませんよ・・・!

meirami_lohipyttis_main1

サーモンの「ピュッティパンヌ」(2人分)

生サーモン 200g
じゃがいも 400g(正味)
長ねぎ 1本
いんげん 10本
生クリーム 大さじ2
有塩バター 10g
オリーブオイル 小さじ1
レモン汁 小さじ1
レモンの皮 少々
黒こしょう 少々
塩 少々

<ポーチドエッグ>
卵 2個
水 500ml
酢 小さじ1
塩 ひとつまみ

<飾り用>
フレッシュディル 適量

(下準備)
じゃがいもは皮をむき、2cmの角切りにする。いんげんは先っぽを切り取り、半分に切る。長ねぎは根っこを切り落とし、白い部分を斜めに1cmの厚さに切る。サーモンは骨があれば取り除き、皮を切り取ってから2cmの角切りにする。卵は1個ずつコーヒーカップなどに割り入れる。

1)ポーチドエッグは作る。鍋に水を入れて沸騰させ、酢と塩加えて弱火にし、卵を一個ずつ丁寧に入れ、中火にして一煮立たせて火を止め、蓋をして1.5分蒸らし、キッチンペーパーを敷いたパッドに移動し水を切る。
2)
じゃがいもは塩(分量外)を入れたお湯でアルデンテになるまでに茹で、取り除いていんげんを入れ、2分茹でザルに上げる。
3)フ
ライパンにバターとオリーブオイルを入れ、中火にかけ②のじゃがいもを加え、ひっくり返しながら焼き色がつくまで炒め、パッドに移動し、同じフライパンに少しオリーブオイルを足しねぎを入れ、軽く火を通してパッドに移動し、フライパンにサーモンを入れ火を通し、じゃがいもとねぎをフライパンに戻し、②のいんげんとレモン汁を加えてざっくり混ぜてから生クリーム、レモンの皮と塩こしょうを加えて混ぜ合わせる。
4)
③を皿に盛り付け、上に①を乗せ、黒こしょう(分量外)をまぶしディルで飾る。

meirami_lohipyttis_main2

It’s ‘Silver Week’ in Japan, meaning many people are taking some time off to have late summer holidays as there are couple of national holidays in a row (meaning they don’t need to feel bad that their colleagues are working hard while they are having fun). I have been mostly at home – what a surprise – but this time I have a reason. I got my last wisdom tooth removed last week, and have been healing from that.

A good healing needs some good food – quick to make and full of nutrients. This time opted for a Nordic classic, pyttipannu, or potato hash. Instead of sausage, I used salmon to boost the nutritional value, and tossed in some cream for extra taste (that’s not very healthy I know, but not being able to eat properly for a week, I need all the energy available…).

Pyttipannu can be made of any left overs you happen to have in your cupboard, so don’t hesitate to try different ingredients out. This time I added some leek and green beans for the taste and colour, but almost any veggies work.

meirami_lohipyttis_main3.jpg

Salmon ‘Pyttipannu‘, Nordic Style Potato Hash with Salmon (makes 2 portions)

200g Salmon
400g Potatoes
1/2 Leek (White part)
10 Green Beans
2 tbs Heavy Cream
10g Salted Butter
1 tsp Olive Oil
1 tsp Lemon Juice
A hint of Lemon Zest
A hint of Black Pepper
A hint of Salt

<Poached Eggs>
2 Eggs
500ml Water
1 tsp Vinegar
A hint of Salt

<For decaration>
Some fresh Dill

1) Peel potatoes and cut into 2 cm cubes. Boil in salted water until al dente, sieve and move to a pad to wait.
2) Cut beans into half and add to the salted boiling water. Boil around 2 minutes and move from the pot.
3) Cut leek into 1 cm thick slanted slices. Remove bones and skin from salmon and cut into 2 cm cubes.
4) Put butter and olive oil in a frying pan and warm over medium heat. Add potatoes and fry while tossing them until nice, golden brown. Remove from the pan, add some olive oil if needed and stir fry leek. Remove it and add salmon. After the colour has changed, add potatoes, leek and green beans back into the fry pan and mix gently. Add also lemon juice and heavy cream, mix gently and flavour with salt and pepper.
5) Prepare poached eggs. Bring the water to boil, add vinegar and salt and lower the heat. Break eggs into two coffee cups and gently slide them into the water. Braise quickly, then turn off the heat and cover with a lid. Let steam around 1.5 minutes, then move to pad covered with cooking sheet and remove excess water.
6) Put ④ on plates, top with ⑤ and decorate with some fresh dill.

サーモンの「ピュッティパンヌ」」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中